2014年09月06日

はないずみの庭より〜秋の気配

 残暑の中にも日毎に秋の気配が強く感じられるようになってきました。日頃見慣れている花壇や畑の花も、気がつくとすっかり秋らしくなっています。(進藤正典 写真提供も)

Dscn4820




ホウキ草(アカザ科)も徐々に花が実が目立つようになりました。この実は「トンブリ」として食用にもなります。




Dscn4830







サルビア・レウカンサ(別名アメジスト・セージ/シソ科)の花穂も目立ってきました。




Dscn4831






コリウス(シソ科)も、シソの花らしい可愛い花を付けました。





Dscn4833






紫の花はデュランタ・タカラヅカ(クマツヅラ科)。今が見頃です。





Dscn4832










昔ながらのケイトウ(ヒユ科)も来園者を楽しませています。










Dscn4834











自生苗のサルビア・コッキネア(シソ科)もあちこちで咲きだして、花壇を賑わせています。









Dscn4835






秋の代表、ムラサキシキブ(クマツヅラ科)の実も鮮やかな紫色になりました。





Dscn4836





ニホンハッカ(シソ科)も、さり気なく花を付けていました。






Dscn4838






仲秋の名月を間近にして、ススキ(イネ科)の穂が徐々に広がりはじめました。





Dscn4829







今日の来園者ホンミスジ(タテハチョウ科)





Photo






メランポジウム(キク科)で休むヤマトシジミ(シジミチョウ科)







posted by 癒しの園芸の会 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

はないずみの庭より〜4月下旬の花の様子

 ここのところ寒の戻りもほとんどなく、花壇は徐々に初夏の気配が濃くなりつつあります。最近の花壇の様子をお知らせします。(進藤正典 写真提供も)

Dsc05575





華やかな花壇
手前から、アスパラシス/ルピナス/ハナビシソウ



Dsc05568







トレリスではナニワノイバラが満開です。
直径10cmほどもある、大きな豪華な花です。




Dsc05572







日蔭では、コデマリがひっそりと咲き始めました。




Dsc05571







シランも徐々に開花





Dsc05573








チェリーセージもいつの間にかすっかり開花




Dsc05564







ヒメウツギもツルバラの足元で存在を主張しています。




Dsc05559














先日紹介したライラックは、今が見頃になりました。





続きを読む
posted by 癒しの園芸の会 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

はないずみの庭〜4月上旬の開花

 参加者が色々な作業を手分けした花壇では、今日もまた新たに春花が開花していました。この時期は本当に毎日のように花壇の様子が変わりますので、週2回の作業日はまるで新しい花壇に来たような感じです。(進藤正典 写真提供も)

Dscn2865






ポピーの仲間のハナビシソウ。




Dscn2866



ハナビシソウのアップ写真
鮮やかなオレンジ色でこの時期の花壇ではものすごく目立ちます。





Dscn2871







春花壇の定番シバザクラもしばらく開花





Dscn2870








オレンジ色の松葉ギクが、イオノプシディウムの間から鮮やかな花を咲かせていました。





続きを読む
posted by 癒しの園芸の会 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸・クラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする