2017年06月26日

6月度「癒しの園芸講座」開催~その2

 午後は実習です。押し花の作品づくりは5月に作った押し花を使いました。指導は岡部佳子さんで、ハガキサイズの台紙に押し花で絵を描くようにデザインしていきます。きれいに押し花に仕上がったニゲラ、ヤグルマギク、ビオラ、ヘデラなどで創作意欲がわいたのか、皆さん童心に帰って楽しそうに作品を作っておられました。今回は名札も押し花で飾っていただきました。一挙にカラフルになった名札に皆さんも嬉しそうにされていました。

DSCN3354.JPG
岡部さんの見本です。

DSCN3357.JPG
「こんなになったわ!」

DSCN3358.JPG
「どんなデザインにしようかしら?」

DSCN3359.JPG
「考え中ー」

DSCN3360.JPG
集中されていますね!

 最後は花苗の植え付けです。4月に播種し、5月にポット上げした花苗の定植です。マリーゴールドはベテランスタッフが管理したおかげで、しっかりと育ち、花をつけていました。実習では、3グループに分かれて、スタッフから苗の配置やカラー配色などをアドバイスしてもらい、皆で株間の取り方、高低差、配色などの相談をして仮置きをしてから植えつけ作業を開始しました。植え付け後は、灌水と後片付けまでしていただきました。マリーゴールドは8月に草木染めに使う予定です。

 今日は講座生13名、スタッフ11人でした。(大川内美恵子 写真提供も)

DSCN3367.JPG
スタッフの説明

DSCN3370.JPG
ポットを仮置きします。

DSCN3371.JPG
こんな間隔かしら?

DSCN3372.JPG
植えつけていきます。

DSCN3374.JPG

DSCN3373.JPG

DSCN3386.JPG
水やりもしっかりしました。

DSCN3381.JPG
夏花壇になりました。きれいに咲いてね!
posted by 癒しの園芸の会 at 13:03| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

6月度「癒しの園芸講座」開催~その1

 6月は梅雨入りで気分も沈みがちですが、今年はどうしたことかお天気続きで爽やかです。逆に熱中症に注意していただこうと、こまめな水分補給を受講生さんにお願いいたしました。

 講演は進藤正典さんの「ユニバーサルデザインとは」からです。まず、障がい者への対応として「バリアフリー」と「ノーマライゼーション」の2つの言葉とその違いを覚えていただきたいと話されました。そして、園芸福祉の特徴と多様性、高齢者や障がい者を含めて、できるだけ多くの人が参加し、支えあうことの大切さと、その基盤としてのユニバーサルデザインの概念について説明していただきました。例として、大阪府福祉のまちづくり条例から公園の設計マニュアルより抜粋して説明があり、今の公園に要求されることや、今後の課題などを話されました。また、「障がいがあっても使える」というのがバリアフリーの考え方になりますが、ユニバーサルデザインは「誰もが使えるものを作る」という視点でデザインされていることを、シャンプーやビール缶などの実用品を示しながら解説していただきました。最後に、各地の福祉花壇をスライドで紹介していただきました。まちづくりや花壇は、だれが何のために作るのかということと、作ればおしまいではなく、むしろその後の維持管理が大事だというお話でした。


DSCN3308.JPG
講演:進藤正典さん「ユニバーサルデザインとは」

DSCN3311.JPG
このハサミは力が弱くても使えます。

DSCN3314.JPG
このハサミも対象者に配慮されていますね。

DSCN3315.JPG
どこがユニバーサルデザインかしら?

DSCN3318.JPG
点字で「お酒」と書かれています。

DSCN3319.JPG
福祉のまちづくりなどをスライドで紹介されました。

 今回は寺内裕子さんがお孫さんと一緒に来られました。OBの立場から癒しの園芸の会の活動についてお話ししてくださいました。これから毎月「ボランティア活動と健康寿命~私の場合~」というテーマでお話ししてくださるそうです。乞うご期待!

DSCN3322.JPG

 園芸ミニ講座は「植物と光」「植物を長く楽しむコツ」などの基本的なお話で、山中尚子さんより、季節と太陽の動き(夏至、冬至など)に関連づけてわかりやすく説明いただきました。植物を少しでも長く美しく咲かせるためにはやはりこまめな手入れが必要ですと話されました。

DSCN3323.JPG

 講演の後は、進藤さんに日本初のユニバーサルデザイン花壇「ふれあいの庭」を案内、実地説明していただきました。誰もが五感(音、香り、色、感触、味)を通じて、憩いや安らぎを感じることができるように配慮されているという花壇です。受講生の皆さんもタイムの香り、ラムズイヤーの手触り、水琴窟の音などを楽しんでおられました。(大川内美恵子 写真提供も)

DSCN3325.JPG
日本初のユニバースサルデザイン花壇「はないずみの庭」

DSCN3330.JPG
「キッチンの庭」

DSCN3335.JPG
「香りの庭」

DSCN3340.JPG
「色の庭」

DSCN3342.JPG
「音の庭」

DSCN3344.JPG
癒されます~ちょっと一休み。

DSCN3347.JPG
お昼ご飯はここで食べたいと、講座室にお弁当を取り戻られる受講生さんも。
posted by 癒しの園芸の会 at 11:55| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

5月度「癒しの園芸講座」開催

 第2回講座は一気に30度を超すような夏日になりました。「暑い!暑い!」と、汗をかきながら講習会室に入って来られました。先月はまだ緊張気味にされていた方も笑顔で会話されていて、少し打ち解けてきたような雰囲気が感じられます。

 スタッフの岡部さんが用意してくださったミニトマトの苗が皆さん気になるご様子でしたので、山中尚子さんが先に課題提出「ミニトマトのコンテナ栽培」のお話を始めてくださいました。ミニトマトの苗をご自宅で栽培していただき、その生育レポートを8月に提出していただく予定です。今回は実生苗の‘ペペ’と、‘リコピーナ・ブラック’という品種です。受講生さんの中には初めてミニトマトを育てられるという方もおられるようでしたので、先に苗を配布し、お手元でご覧いただきながら、育成方法、作業手順、注意点を説明されました。特に、脇芽かきや、摘心、追肥のタイミングなども細かく指導されていました。それでもまだ不安そうな方もいらっしゃいましたが、「たくさん実を成らせるのが主目的ではなく、2ヶ月間トマトと向き合っていただいて、まずは収穫する喜びを味わってください。また、慣れていらっしゃる方は周りの人も巻き込んで一緒になって育てるのもよいでしょう。」と話されました。
 園芸ミニ講座(2)は「土の基本」で、良い土とは/土の構造/主な用土の種類と特徴を説明していただきました。

 寺内裕子さんが「障がい者のためのガーデニング」のレジュメを持ってきてくださいました。先月の自己紹介でお話しされていた班の受講生さんが園芸療法にご興味があるということでお持ちくださったようです。他にも興味のある方は申し出てくださいとおっしゃられました。

 11時に「はないずみの庭」へ移動し、園芸実習を行いました。

(1)ポット上げ
4月の実習で播種したマリーゴールドは順調に育っていました。スタッフが準備していた培養土(赤玉土中粒3:腐葉土1:ピートモス1)入りのポットに一株ずつ丁寧にポット上げをしていただきました。この後、6月に花壇に植え付け、8月に草木染に使用します。

(2)押し花づくり
「はないずみの庭」で皆さんにパンジー、ヤグルマギク、ワスレナグサ、カリフォルニアポピー、ニゲラなどの花や葉を自由に摘んでいただき、それを段ボール、新聞紙、キッチンペーパーで挟んでゴムバンドでとめる“押し花キット”を使って押し花を作っていただきました。6月講座のクラフト作品作りで使用します。

 午後からは津田桂子さんの「コミュニケーションとしてのみどりの可能性」と「みんなにやさしい花壇作りと道具の工夫」の2講演を続けてしていただきました。ご自身が大学時代に引きこもりをされた体験から、立ち直るきっかけとなった植物の力、癒し効果などをお話しいただきました。園芸を通して少しずつ回復、社会復帰していったというお話に皆さん静かに聞き入っておられました。

 二十数年前、引きこもり続けていたある時、ずっと閉め切っていた自室のカーテンの隙間から何気なく外を覗いてみると、庭に生えていたヤマノイモが目にとまり、そのムカゴをなぜか急に「食べたい」と思ったこと、発芽していたアケビの幼芽を「このままじゃ死んじゃう、助けなきゃ!」と思ったことが外に踏み出す一歩となり、植物が自分を助けてくれたこと、苦しんだ自分と同じように助けてあげられるのなら、私も生きる意味があるかもしれないと園芸療法を勉強しようと思って立ち直ったこと、樹木医になったのも、病気や弱った木を助けられるかもしれないと考えたからだと話され、「私たちは園芸を通して、植物とふれあうことで特別な言葉を超えたコミュニケーションをしているのですよ。」と締めくくられました。

 少し休憩の後、続いてアメリカ、イギリスなどの海外の写真を見ながら、障がい者や高齢者が作業しやすい花壇環境、いろいろな人に配慮した自助具、レイズドベッドなどのお話をしていただきました。園芸大国といわれるイギリスでは60%の人が園芸を趣味にされているのに比べ、日本は20%にすぎないが、植物をそばに置き、少しでもよいので自然と触れ合い、自然から学ぶこと、自然から教えてもらうことが大事なことだと話されました。そして「植物で何ができるかを考えること、植物を介して出会う人に心を注ぐことで、きっと何かお返しが来るでしょう。自分にとっての癒しになることがご褒美なのですよ。」と話してくださいました。

 本日の受講生13名、スタッフ13名で対応しました。(大川内美恵子 写真提供も)


DSCN3118.JPG
ミニトマトのコンテナ栽培/園芸ミニ講座「土の基本」

DSCN3119.JPG
苗を持ち帰り、育てていただきます。

DSCN3122.JPG
目の前にトマトを置いて脇芽かきの説明。

DSCN3123.JPG
寺内裕子さん

DSCN3128.JPG
園芸実習:ポット上げ
4月に播いたマリーゴールドがこんなに育ちました。

DSCN3132.JPG
もう花芽が付いているのもあります。

DSCN3131.JPG
きちんと用意された道具類。

DSCN3133.JPG
スタッフから手順を説明されます。

DSCN3135.JPG
やってみます!

DSCN3136.JPG
次はそっと苗を引き抜いて、ポットに移します。

DSCN3137.JPG
次々やってくださいね。

DSCN3145.JPG
きれいにできあがりました!

DSCN3146.JPG
水やりも忘れずに、しっかり。

DSCN3148.JPG
春爛漫!咲き誇る「はないずみの庭」で花摘み。

DSCN3151.JPG
「どれにしようかしら?」

DSCN3143.JPG
押し花の見本です。

DSCN3142.JPG
「この花が材料になるの?」

DSCN3153.JPG
「楽しくなってきたね!」

DSCN3154.JPG
岡本代表のインフォメーション。

RSCN3159.JPG
講演「コミュニケーションとしてのみどりの可能性」:津田桂子さん


DSCN3162.JPG
講演「みんなにやさしい花壇作りと道具の工夫」
いろいろな方に配慮したレイズドベッドなどをスライドで紹介。



posted by 癒しの園芸の会 at 15:40| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする