2018年02月19日

2月度「癒しの園芸講座」開催

 まだまだ寒い日が続いていて、インフルエンザも猛威をふるっています。受講生さんたちの出席率を心配しながら講座の準備を始めましたが、12名の方が出席され、スタッフ13名で、2月度癒しの園芸講座を開催いたしました。 

 最初の講演は山中尚子さんの園芸ミニ講座「病害虫と薬剤について」で、病害虫の種類、防除、薬剤の種類と特徴について、また使用する際の注意などを説明していただきました。まずは予防に努めること、適切な栽培管理で丈夫な株に育てること、日頃からこまめに観察し、被害を最小限に抑えることが大切だと話されました。勤務先の高齢者施設では、なるべく農薬は使わない方針ですが、どうしても手に負えないケースや、例えばサクラの木につく毛虫や攻撃性の強いハチなど、ご利用者にとってリスクとなる場合には薬剤を使うこともあるということで、「薬も上手に使いましょう。でも、何にでも効く薬はないですよ」と話されました。

 続いての講演は「年間園芸プログラム」で、山中尚子さんより、園芸作業の年間計画について、植物の種類ごとの対応や年中行事などのイベントに応じたプログラム作りの例などをお話ししていただきました。年間プログラムの立て方について、一・二年草/多年草/宿根草/球根類の特徴と活用法、色々なクラフトプログラムごとに対応する計画の立て方、日陰でも育てやすい植物などについて説明されました。花壇管理の経費軽減と省人力に役立つローテーションをベースにした植栽計画のポイントも教えていただきました。植栽計画のポイントは、目的を明確にすること、記録をつける、テーマを決める、環境に適合した植物選びなど、そして何より全てにおいて無理をしないように心がけましょうということでした。


DSCN6033.JPG

 少し時間を取って、大泉緑地・花と緑の相談所で開催中の「癒しの園芸展」を揃って見に行き、先月ご提出いただいた皆さんのクラフト作品、スタッフの作品とともに、障がい者が園芸作業しやすい補助具なども見ていただきました。

DSCN6038.JPG
展示を見に行きました。

DSCN6040.JPG
ペットボトルを加工した障がい者も使いやすい補助具。


DSCN6045.JPG
「なるほどー、こうやって使うのかな?」

 昼食後は「はないずみの庭」で、昨年末の講座で班ごとに植えつけた花苗の生長を見て回りました。芽が出てきたチューリップ、アネモネなどです。自分の班の花をつけたビオラをみて、「きれいに植えつけられたわ!」と大喜び。ノースポールやイオノプシディウムなどの前年の「こぼれ種」からの自生苗も紹介していただきました。

 寒肥入れの作業をする前に、まず、この時期に行う寒肥の意味、重要性、なぜ有機肥料を与えるのか、その量についての説明を吉村隆さんから受けました。実習には森直吉さんにもお手伝いいただいて2班に分かれて高・中・低木、宿根草などに発酵油粕等を入れていきました。春の生長期に効きめを表しますという説明に皆さんうなずかれ、寒い中でも楽しそうに作業されていました。最後は使った道具類を洗浄しました。


DSCN6052.JPG
自分の班が植え付けた花苗の生長を確認しました。

DSCN6054.JPG
吉村隆さんから寒肥入れの作業についての説明を受けました。

DSCN6056.JPG
2つのグループにわかれて作業開始。森直吉さんがお手伝い。

DSCN6058.JPG
よいしょ!

DSCN6065.JPG

DSCN6070.JPG
寒い中がんばりました。  

DSCN6073.JPG
後片付けもしっかり。

DSCN6078.JPG
今日の復習をもう一度。「肥料を埋める位置は?」

 講座室に戻って、1班の立川治男さんに「やってみよう、ボランティア」という話をしていただきました。この講座では初めて現役の講座生による発表でしたが、たくさんの資料も用意していただき、うまくまとめてくださいました。
 この癒しの園芸講座を受けた動機は、初めは自分の居場所探し、自分のためだけの勉強のつもりだったのが、7月の「視覚障がい者のための寄せ植え」などの実習を受けたころから考えが変わってきて、「自分も何かのボランティアをやってみよう、できるのではないかと思った。」とお話しくださいました。土を触って自分が癒されれば良いと、貸し農園で小松菜やジャガイモ、サツマイモなどを作ってフードバンクに送っていたが、自分が求めているのは、自分のことだけではなく人のことも考えてみることではないか、という風に考えが変わってきた。目下の目標は、此花区酉島の老人憩いの家で「こども食堂」を7月にオープンしようと動いていることで、同じ志を持つ仲間がいて、新しい自分を見つけることができたと締めくくられました。講座生の方から多くの応援の拍手が送られました。


DSCN6079.JPG
この講座を受けて考えが変わったとのこと。

 最後に岡本代表がウツボカズラ(和名)を持ってきてくださいました。「この袋は葉でしょうか?花でしょうか?」という難しい質問が出ました。わからないので、みんなで開いてみました。
(ウツボカズラは袋のふたの内側にある蜜腺から出す物質で虫を引き寄せ、筒状になった捕虫葉に落として捕食する「落とし込み式」の食虫植物です。袋の底に溜まった液体には消化酵素が混じっており、捕らえた虫を分解し、養分を吸収する仕組みです。つぼ型の部分は捕虫器といって、葉が変化したものです。なかの液体のほとんどは水ですが消化液が含まれているため、虫などを消化することができます。)

 そして、無患子(ムクロジ)の実を使ったシャボン玉液も用意してくださいました。ムクロジは落葉高木で、サポニンという泡を出す成分が含まれていて、昔は洗剤として利用されていたそうです。エコの洗剤ですね。さらに、お正月の羽根つきに使う羽の黒い球は、ムクロジの種ということでした。(大川内美恵子 写真提供も)


DSCN6087.JPG
みんな楽しそうです。

DSCN6106.JPG
できたわ!

DSCN6107.JPG
見てくれた?

posted by 癒しの園芸の会 at 14:52| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください