2017年06月24日

6月度「癒しの園芸講座」開催~その1

 6月は梅雨入りで気分も沈みがちですが、今年はどうしたことかお天気続きで爽やかです。逆に熱中症に注意していただこうと、こまめな水分補給を受講生さんにお願いいたしました。

 講演は進藤正典さんの「ユニバーサルデザインとは」からです。まず、障がい者への対応として「バリアフリー」と「ノーマライゼーション」の2つの言葉とその違いを覚えていただきたいと話されました。そして、園芸福祉の特徴と多様性、高齢者や障がい者を含めて、できるだけ多くの人が参加し、支えあうことの大切さと、その基盤としてのユニバーサルデザインの概念について説明していただきました。例として、大阪府福祉のまちづくり条例から公園の設計マニュアルより抜粋して説明があり、今の公園に要求されることや、今後の課題などを話されました。また、「障がいがあっても使える」というのがバリアフリーの考え方になりますが、ユニバーサルデザインは「誰もが使えるものを作る」という視点でデザインされていることを、シャンプーやビール缶などの実用品を示しながら解説していただきました。最後に、各地の福祉花壇をスライドで紹介していただきました。まちづくりや花壇は、だれが何のために作るのかということと、作ればおしまいではなく、むしろその後の維持管理が大事だというお話でした。


DSCN3308.JPG
講演:進藤正典さん「ユニバーサルデザインとは」

DSCN3311.JPG
このハサミは力が弱くても使えます。

DSCN3314.JPG
このハサミも対象者に配慮されていますね。

DSCN3315.JPG
どこがユニバーサルデザインかしら?

DSCN3318.JPG
点字で「お酒」と書かれています。

DSCN3319.JPG
福祉のまちづくりなどをスライドで紹介されました。

 今回は寺内裕子さんがお孫さんと一緒に来られました。OBの立場から癒しの園芸の会の活動についてお話ししてくださいました。これから毎月「ボランティア活動と健康寿命~私の場合~」というテーマでお話ししてくださるそうです。乞うご期待!

DSCN3322.JPG

 園芸ミニ講座は「植物と光」「植物を長く楽しむコツ」などの基本的なお話で、山中尚子さんより、季節と太陽の動き(夏至、冬至など)に関連づけてわかりやすく説明いただきました。植物を少しでも長く美しく咲かせるためにはやはりこまめな手入れが必要ですと話されました。

DSCN3323.JPG

 講演の後は、進藤さんに日本初のユニバーサルデザイン花壇「ふれあいの庭」を案内、実地説明していただきました。誰もが五感(音、香り、色、感触、味)を通じて、憩いや安らぎを感じることができるように配慮されているという花壇です。受講生の皆さんもタイムの香り、ラムズイヤーの手触り、水琴窟の音などを楽しんでおられました。(大川内美恵子 写真提供も)

DSCN3325.JPG
日本初のユニバースサルデザイン花壇「はないずみの庭」

DSCN3330.JPG
「キッチンの庭」

DSCN3335.JPG
「香りの庭」

DSCN3340.JPG
「色の庭」

DSCN3342.JPG
「音の庭」

DSCN3344.JPG
癒されます~ちょっと一休み。

DSCN3347.JPG
お昼ご飯はここで食べたいと、講座室にお弁当を取り戻られる受講生さんも。
posted by 癒しの園芸の会 at 11:55| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください