2017年03月02日

2月度「癒しの園芸講座」開催〜その2

 午後からの講演は内科医・南口利美さんの「介護予防について」で、高齢化が進む中での介護予防の必要性についてお話しいただきました。「健康寿命」は男性70歳・女性73歳(2010年調べ)で、医療や介護が必要となる期間が延びる傾向にあると話されました。寝たきりにならないためには、骨折をしないことだそうです。その予防策として、転倒しやすい場所や要因を具体的に挙げていただきました。また骨の老化のセルフチェックをしました。骨を強くするためにできることは、バランスのとれた食事や適度な運動が必要だそうです。年間20万人も発症すると言われる脳卒中については、専門家の指導を受けて、きちんとリハビリすることが大事だというお話もされました。認知症患者は450万人以上と言われ、超高齢社会の今、これはさらに進んでいくと推測されます。それを防ぐためにも食事と適度な運動は一番の予防対策になるということでした。

 少し雨がぱらついてきましたが、寒肥入れの実習を行うために「はないずみの庭」へ移動しました。この時期に行う寒肥の意味、重要性、なぜ有機肥料を与えるのか、その量についての説明を吉村隆さんから受けました。2班に分かれて高・中・低木、宿根草などに発酵油粕を入れていきました。春の生長期に効きめを表しますという説明に皆さんうなづかれ、穴を掘ったり、油粕を詰めたりと、小雨の中でも楽しそうに作業されていました。また、去年自分たちで植えたチューリップの芽出しを見て、「可愛い!」と歓声をあげてられました。

 最後はパーゴラの下に集まり、吉村さんがこの時期の寒肥入れについての再確認のお話をされました。「主人が入れた後に、知らずに私がまた入れてしまったんですけど?」といった質問も出ました。この講座もあと1回。皆さん打ち解けたご様子で寒い中を帰って行かれました。(大川内美恵子 写真提供も)
Dscn2971_2
講演「介護予防について」 南口利美さん
Dscn2977_2
寒肥入れの実習:吉村隆さん
Dscn2975_2
寒肥の意味、重要性、なぜ有機肥料を与えるのかを説明
Dscn2983_2
私も頑張るわ!
Dscn2984_2
このあたりかな?
Dscn2985_2
量はこのくらい?
Dscn2986_2
ここにも入れておこう!
Dscn2988_2
春の生長期に効きめを表します。
posted by 癒しの園芸の会 at 18:08| Comment(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: