2017年03月02日

2月度「癒しの園芸講座」開催〜その1

 雨が降ると寒くなるという予報でしたが、2月18日も寒い一日でした。お休みの方も多く、受講生18名、スタッフ17名で、2月度癒しの園芸講座を開催いたしました。

 最初の講演は山中尚子さんの園芸ミニ講座の最終「病害虫と薬剤について」で、基本的なお話をしていただきました。病害虫の種類、防除、薬剤の種類と特徴について、また使用する際の注意などを説明していただきました。何の病気?どんな虫?を特定することが大事で、これはすべてに効くオールマイティな薬はないからだそうです。その前に、まずは予防に努めること、適切な栽培管理で丈夫な株に育てること、苗を購入する際から、病気にかかっていないかなど、よく見て良い植物を選ぶことや清潔な土を使う事、道具類も清潔にしておくことなど細かく注意点を教えていただきました。日頃からこまめに観察し、被害を最小限に抑えることも大切だと話されました。

 山中尚子さんが続いて「年間園芸プログラム」の講演をしてくださいました。園芸作業の年間計画やプログラム作りについてです。年間プログラムの立て方については、一・二年草/多年草/宿根草/球根類の特徴、日陰でも育てやすい植物などについて説明されました。センニチコウを例に、タネから栽培し、花を楽しみ、ドライフラワーにして活用するまでの一連の流れと、色々なクラフトプログラムに対応する計画の立て方も紹介いただきました。花壇管理における最低限の年2回のローテーションをベースにした植栽計画のポイントも教えていただきました。一番のポイントは花壇づくりの目的を明確にすること、記録をつける、テーマを決める、環境に適合した植物選びなど、そしてすべてにおいて無理をしないように心がけましょうということでした。

 その後、昼食までの30分の時間を頂いて、開催中の「癒しの園芸展」の会場に皆で行きました。自分たちの作品を含めた展示品を見ていただくとともに、障がい者が園芸作業しやすい補助具についても説明を受けました。きれいにレイアウトされたご自分の作品に「晴れがましいわー」と嬉しそうにされていらっしゃる方もおられました。(大川内美恵子 写真提供も)


Dscn2953
「園芸ミニ講座」「年間園芸プログラム」
Dscn2990
開催中の「癒しの園芸展」
Dscn2961
「きれいに飾ってもらって!」
Dscn2966
「良い思い出になったわ」と嬉しそう。
Dscn2967
作業台のモデル展示。車イスに座って実体験しました!
posted by 癒しの園芸の会 at 17:56| Comment(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: