2018年03月18日

3月度「癒しの園芸講座」開催

ようやく春めいてきて、柔らかな日差しも感じられるようになりました。春は旅立ちの季節でもあります。3月17日は平成29年度の終了式で、最終の癒しの園芸講座でした。(受講生12名/スタッフ16人)

 講演は山中尚子さんから、植物が持つ力の1つ、香りによる癒しということで、アロマセラピーの概要、歴史、香りのメカニズム、効果について教えていただきました。精油の抽出方法や植物が芳香成分を持つ理由、200種類以上あると言われる精油の特徴、また精油にはそれぞれ使用期限があることや購入時に注意したい点などのお話がありました。受講生さんの中には、「アロマという言葉は聞いたことがあるが、香水の一種と思っていた。」という方もいらっしゃいました。興味がおありなのか、今回の講座は特に熱心に聞いておられるようでした。実習ではアロマスプレーを作りました。柑橘系をはじめ、ローズマリー、ゼラニウム、ラベンダー、ティートゥリー、ユーカリなどの精油と基材の量を調整して、エアフレッシュナー、抗菌スプレー、虫除けなどの用途で活用できるという説明があり、各自で好みの精油をブレンドしてオリジナルの香りを楽しみました。

「アロマセラピーとは」植物の癒し効果
DSCN6478.JPG

まず、エタノールを10cc計ります。
DSCN6488.JPG

どんな香り?
DSCN6491.JPG

好みの精油を入れて、計量した精製水を混ぜます。
DSCN6493.JPG

 午後は修了式が行われました。大泉緑地管理事務所・秋葉所長から講座に8回以上ご出席の12名の受講生に修了証書を授与いただくとともに餞の言葉をいただきました。

修了式を始めます。面澤礼子さん
DSCN6498.JPG

大泉緑地管理事務所・秋葉所長から授与。
DSCN6499.JPG

岡本代表から祝辞をいただきました。
DSCN6517.JPG


寺内裕子さんからも「長い間の活動を通じて、たくさんの種を播けたと思っている。これからも人のために何かしてあげるのを生きがいにしたいですね。」という言葉をいただきました。

DSCN6519.JPG


また、講座の修了記念として、ローダンセマム、デージー、ビオラ、タイム、宿根アリッサムを使った寄せ植えを作っていただきました。岡部佳子さんにご指導いただきました。


DSCN6523.JPG


「ここはこういう風に~」

DSCN6524.JPG

講座室はアロマの香りと花の香りでいっぱい!

DSCN6525.JPG



DSCN6530.JPG

 最後は茶話会で、お茶とお菓子を囲みながら、この講座に参加された1年間の色々な思い出話などをしていただきました。「講座で学んだことを何とか生かしたい」との意気込みや、「ボランティアをしてみましょう、きっと新しい世界が待っていますよ」などと話してくださいました。花と緑を育て、高齢者も障がい者も誰もができる癒しの園芸の理念を受け継いでいってくださることを願っています。

井田和子さん「これからも花と緑でつながりましょう!」
DSCN6540.JPG

DSCN6547.JPG

DSCN6552.JPG

スタッフの皆さんもお疲れ様でした。
DSCN6536.JPG

DSCN6550.JPG

 長年活動を続けてきた「癒しの園芸講座」は今年度を持ちまして終了します。「癒しの園芸の会」で過ごした時間は大切な思い出です。これからもいろいろな方から教えていただいたこと、植物から学んだことを忘れずにいきたいと思っています。お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。さようなら。(大川内美恵子 写真提供も)


posted by 癒しの園芸の会 at 22:13| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする