2017年12月17日

12月度「癒しの園芸講座」開催

 年内も数えられるように残り少なくなってきました。そして寒さも本格的になってきました。

 12月16日、講演(1)は「知的障がい者施設と地域社会との交流」で、阪南市にあるワークセンター・ぽけっとの重見施設長からお話をお聞きしました。いろいろなところへ出向いているのは、障がい者のことをもっとよく知ってほしい、ボランティアの助けが欲しい、利用者ががんばっている様子を知ってほしいからだと話され、同施設の概要、障がい者の種類、活動内容について紹介していただきました。内職作業、施設外就労もあり、さまざまな活動を頑張っておられます。利用者に対して職員数の割合は他所よりも多く、その分ケアは行き届いている方だと言えるが、それでもいろいろな面でボランティアさんの協力は欠かせないとのことでした。マドレーヌやパンはイベントなどでも好評で、リピーターも多いそうです。いつも職員に伝えているのは、全てを受け入れて、笑顔を忘れないこと、特にほめることが大切で「まずは自分がやってみる。言って聞かせる。もう一度やらせててみる。そしてほめる。」ということでした。また、障がいのある方と関わるための心構えとして、具体的な援助方法も教えていただきました。最後はゲーム形式でコミュニケーションの取り方を体験しました。


DSCN5439.JPG
重見施設長


DSCN5446.JPG
ペアになりゲームで障がいの状態を体験。


DSCN5448.JPG

DSCN5451.JPG

DSCN5452.JPG


 来月の課題「プログラム作りの実践」の内容について山中尚子さんから説明していただきました。受講生さんご自身にクラフトプログラムを1つ考案していただき、見本とその材料を用意してもらって、1月の講座日にペアを組んだ相手に作ってもらうというものです。見本作品は来年2月に大泉緑地・花とみどりの相談所で開催される「癒しの園芸展」で展示させていただきます。


DSCN5454.JPG



 講演(2)は井田和子さんの「時代と共に変化する年中行事」でした。まずはクリスマスツリーになぜ常緑樹が使われているのか、いつごろからその風習が始まったのかなど、意外と知らないクリスマスにまつわるお話を聞きました。続いて年中行事のお話もしていただきました。冬至、お正月、七草粥を食べる風習から春の七草までです。冬至はカボチャを食べて、柚子湯に入るのは古くから慣れ親しんできた習わしであること、一年の最大の行事であるお正月は、新しい年の守り神である歳神様をお迎えするもので、「おせち料理」を作る意味、特に黒豆(豆に働く)、田作り(五穀豊穣)、数の子(子孫繁栄)と、この大事な三品は欠かさないようにと教えていただきました。

DSCN5456.JPG
井田和子さん



 心配していたお天気も曇り空ながら雨は降らないようです。午後からの園芸実習は落ち葉の堆肥作りです。クヌギ林に行くと、スタッフの吉村隆さんが「どのような落ち葉が良いか」など、落ち葉堆肥作りの説明をしてくださいました。事前に数ヶ所に集めておいたくださった落ち葉を一人ずつ袋に詰め込んで、堆肥作りのピットへ運んでもらいました。家高志朗さんからは、どのように堆肥ができていくのかや管理方法についてお聞きしました。


DSCN5464.JPG
吉村隆さん

DSCN5471.JPG
2人でする方が早いね。


DSCN5472.JPG
なんだか楽しそう!


DSCN5477.JPG
家高志朗さん



 実習花壇に移動し、春花の苗の植え付けもしていただきました。本来なら9月の実習で播種し、10月にポット上げを予定していたビオラなどです。スタッフの説明を受けてから班ごとに分かれ、レイアウトのアドバイスを受けて、間合いをスコップでとりながら植えつけていきます。皆さん、寒いのも忘れて楽しそうに植えつけておられました。


DSCN5485.JPG


DSCN5488.JPG
レイアウトも考えて。

DSCN5489.JPG
はないずみの庭も一足早くお正月モード。


DSCN5492.JPG
最後は水やり。



 講座室に戻り、ぽけっとさんのマドレーヌでティータイム。一流菓子店の味です。
最後は寺内裕子さんのミニ講座でした。「健康寿命というのは、使命感!」とのことで、与えられた仕事をこなした喜びが元気を保ち、やり遂げようとする意識が健康につながる、生きがいになるとお話し下さいました。今年の締めくくりにとても良いお話でした。



DSCN5497.JPG
寺内裕子さん:「人のためにが、自分のためになる」


受講生11名、スタッフ16名で対応いたしました。(大川内美恵子 写真提供も)






posted by 癒しの園芸の会 at 17:17| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする