2017年01月22日

1月度「癒しの園芸講座」開催

 大寒から節分までの寒さが一番厳しいと言われますが、1月21日(土)も冷え込んで、風花がちらちらと舞っていました。講座室の窓から見えるユリカモメの白い姿も寒そうです。

 最初は「精神障がい者への理解」で、NPO法人ソーシャルハウスさかい『出前はぁと』さんの講演でした。『出前はぁと』は精神障がい者の理解を深めるための当事者講師派遣事業で、今回は近島勇さんと桜井さんのお二人にご自身の体験談をお話ししていただきました。桜井さんは仕事への責任感から頑張りすぎてうつ病を発症。体までダメージを受けたそうです。この病気にならない方が良いと思うが、なっていないと出会えなかった人たちとの出会いがあって、今は仕事をやめて作業所に通えることが生きがいになっていると話されました。近島さんは、51歳の時に初診を受けてから統合失調症と診断されるまでの苦悩、薬を飲むようになって出てきた副作用のお話をしてくださいました。さらに、ようやく自分が病気だと認識できたことで、病気ならば直さなければと思い、体調管理ができるようになったそうです。当事者が当事者を支える(ピアサポート)ことで、お二人とも「病気になったことはマイナスだが、病気をしたことが体験になって、今は安定した気持ちで精神障がい者の代弁をする活動を心の拠りどころにしている」と話されました。実感のこもったお話に受講生さん達も胸を打たれた様子で聞き入っておられました。犯罪に結びついた事件についての質問もありましたが、差別をあおるようなマスコミの報道は疑問だと答えておられました。

 講演2は寺田考重さんの「人と植物のきずなⅡ」でした。6月の「思い出の花」では私たちが園芸福祉の活動において、どの植物を使うかを考える際、日本人の持つ植物感は役に立つというお話でした。今回は、園芸福祉でよく使われている植物について、草と木の違い(バナナは木ですか?竹は草ですか?等の質問)や特色、癒し効果などをわかりやすく説明していただきました。続いて、画像で車椅子の作業に適したレイズドベッドの紹介をしていただきました。

 実習は12月にお出しした課題「クラフトプログラムの実践」で、受講生さんたちにご考案いただいたクラフトのプログラム発表です。皆さん創意工夫された作品を持ってこられました。
 まずペアになった人と交互に指導し合い、それぞれのプログラムを体験してもらいました。対象者や人の集中力の目安とされる15分で作品が完成するようにという条件も付いています。一番最後にご自分の作品のポイントやどんな方を対象者とされているかなどをお一人ずつ説明していただきました。

 皆さんの作品は、2月15日(水)~27日(月)に、大泉緑地・花と緑の相談所で開催される「癒しの園芸展」で展示されます。

 今日の受講生出席17名、スタッフ16名でした。(大川内美恵子 写真提供も)

出前はあと:近島勇さん

精神障がい者の代弁をする活動が生きがいです。

近島さんは詩人としても活動。同人誌「RIVIERE」

1

詩やエッセイを発表

Dscn2920

講演「人と植物のきずなⅡ」寺田考重さん

Dscn2922

園芸福祉を楽しんでもらうためのツールとは

Dscn2923

レイズドベッドの紹介

Dscn2929_2

「プログラム作りの実践」

ペアになった人と交互に指導して、クラフトの体験

Dscn2925_2

教えあうのも楽しい!

Dscn2928_1

きれいな作品になりそう!

Dscn2930_1

いろいろ考えてますね

Dscn2935_1

交代で作った作品

Dscn2936_1

作品のポイントを話していただきました

Dscn2940_1

ここがかわいいでしょ!

Dscn2939_1

それぞれに創意工夫された、楽しい作品ばかり

posted by 癒しの園芸の会 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする