2016年09月18日

9月度「癒しの園芸講座」開催〜その2

 予定より少し遅れて圃場に移動し、本日の園芸実習を行いました。班ごとに分かれて播種、ドライフラワー作り、ポット上げ用土作りを行いました。種まきも2回目になるので、手際よく作業をされていました。雨は降らずにすんだものの、蒸し暑くて、受講生の皆さんも汗ばんだご様子でした。

(1)播種作業
冬・春花壇用苗の種まきで、まずプラグトレイの底面給水について説明があり、種によって覆土の仕方が違うことなどの注意がありました。ビオラ、パンジーのほか、ワスレナグサ・ルピナス・ヤグルマギク・キンギョソウなど、いろいろな種子をまき、水やりまでしていただきました。「こんな細かい種から花が咲くのね」と、植物の不思議を感じてらっしゃる方もいらっしゃいました。

(2)ドライフラワー作り
花壇でセンニチコウを切ってもらい、形を整えて束ね、干し場にかけてもらいました。

(3)ポット上げ用土作り
赤玉土・腐葉土・ピートモスをブレンドし、ポットに用土を入れてもらいました。これで準備万端です。

 最後はミーティングルームで、岡本代表が持ってきてくださったカヤツリグサで遊びました。穂先を取って茎だけにして、2人で双方からゆっくり裂いていくと、四角形が出来ます。カヤツリグサの名前の由来はこの四角を蚊帳に見立てたことからだそうです。

本日の受講生25名、スタッフ11名でサポートいたしました。(大川内美恵子  写真提供も)

Dscn2714

今辻さんから底面給水の説明を受けます。

Dscn2686

播種作業 :冬・春花壇用 ビオラ/ルピナス/キンギョソウなど

Dscn2690

「こんなに小さな種から花が咲くの?」

Dscn2716_2

スッタフがサポート

Dscn2699

皆さん真剣です!

Dscn2709

ラベルを立てて、できあがりです。

Dscn2706

「はないずみの庭」でセンニチコウを摘み取ります。

Dscn2708

夢中になってしまいますね!

Dscn2710

楽しくおしゃべりしながら束ねていきます。

Dscn2727

干し場?上手く作ってますね!

Dscn2712_2

暑いので、途中でティータイム。「ここのスタッフは優しいね」と。

Dscn2693

ポット上げ用土作り :赤玉土・腐葉土・ピートモスをブレンド

Dscn2694_2

よく混ぜます。

Dscn2698_2

ポットを並べて準備をする人も。

Dscn2726

スタッフの吉村さんのノート。細かく手順が書かれています。

何事もやはり準備が一番大変。

Dscn2729

最後はカヤツリグサで遊びました。

Dscn2732

「できたわ!」

posted by 癒しの園芸の会 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月度「癒しの園芸講座」開催〜その1

 9月17日、台風の速度が思っていたよりも遅く、心配していた雨もお昼からの園芸実習の時にも降らずに済みました。

 最初の講演は、堺市難病支援センター・鎌田美恵子さんの「難病患者への理解」でした。“難しい”と書きますが、豆知識として、実際どんな病気なのかを鎌田さんからクイズ方式で教えていただきました。「膠原病は病名なのか?」「難病の数は?」「支援センターは各都道府県にあるのか?」などが問題でした。始まりは昭和30年後半のスモンが社会問題となったことから対策が提起され、60年の歴史を経てようやく国が支援する法律ができたそうです。難病対策事業として、平成26年の改革により対象疾患が拡大し、「指定難病」と診断されて申請すると、医療費の助成や福祉サービスを受けることができるそうです。堺市の難病支援センターでは、患者さんがよりよい生活が送れるように相談支援、情報提供、患者さん同士の交流を図るためのイベント開催、再就職のサポートなど、いろいろな角度から支援しているというお話をしていただきました。同センターの患者交流の場である「広場サロン」に、当会もお伺いし、皆さんと一緒に園芸を楽しむという活動を続けています。(11月15日に「クリスマスの寄せ植え」を広場サロンで実施する予定です。)

 園芸ミニ講座は「植物の名前、自生地環境と植物の特性」「肥料について」で、山中尚子さんより、植物の分類方法や、自生地環境とその特性、肥料の成分と役割・種類・施肥方法について基本的な解説をしていただきました。植物の自生地環境を知れば、その植物を元気に育てるコツがわかるということです。

 「ミニトマト栽培レポート講評」は、5月に配布、8月に提出していただいた全員のレポートをまとめ、大川内からお話しさせていただきました。皆さん上手に育てられていて、80個も収穫した方もいらっしゃいました。植物とのふれあいの楽しさや収穫時の感謝など、トマトと3ヵ月間付き合っていただいた成果はあったようです。

 昼食後は、井田和子さんの「秋の七草」の講演でした。秋の七草並びにこの時期の代表的な花をスライドで紹介いただき、秋の七草の由来や、7つの花に関する説明をいただきました。その後、皆で「私好みの秋の七草」を選んでみようということで、選考の結果、コスモス、キキョウ、彼岸花、ナデシコ、キク、ススキ、紫式部が選ばれました

 続いての講演は、岡本彰子さんの「身近な健康と園芸の話」で、園芸の持ついろいろな効果と健康を関連づけたお話でした。園芸は義務としてとらえないことが大事で、「植物を育てることを楽しみましょう、失敗して枯らしてしまっても、次はがんばりましょう。体を動かすことや植物と接することが五感への刺激となります。」これが精神的な健康法になるということでした。(大川内美恵子 写真提供も)

Dscn2665

堺市難病支援センター・鎌田美恵子さん「難病患者への理解」

Dscn2667

園芸ミニ講座:山中尚子さん「植物の名前、自生地環境と植物の特性」「肥料について」

Dscn2671_2

井田和子さん:「秋の七草」について

Dscn2672

スライドで秋の花を紹介

Dscn2675

コスモス、彼岸花は人気の秋の花

Dscn2676

皆で「私好みの秋の七草」を選びました。

Dscn2678

岡本彰子さん:「身近な健康と園芸の話」

posted by 癒しの園芸の会 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする