2016年07月29日

はないずみの庭から〜7月中旬から下旬の花壇と作業の様子(その2)

作業の様子(吉村隆 写真提供も)

Rimg6609








清掃
暑い時も朝一番この作業から始まります。気持ち良く四季彩園に来ていただくために大切な作業です。


Rimg6652








除草・花がら摘み
炎天下、忍耐のいる作業です。汗だくになります。早めの休憩とこまめな水分補給が欠かせません。



Rimg6585







除草
四季彩園との境界を鍬を使って除草します。除草後の状態を見ると本当にきれいになっていて気持ちがいいです。



Rimg6686



水やり
今年新しくみんなで作った東の端にある花壇に水をやっています。水道栓のあるところからホースを引っ張ってくるだけでひと仕事です。夏の間は近くのスタッフがほぼ毎日花壇と圃場の水やりしてくれてます。ありがとうございます。



 以下の写真4枚は、8月講座 草木染(マリーゴールド)の準備作業の紹介です。

Rimg6653









マリーゴールドの花摘み
炎天下での作業で忍耐が入ります。
いい匂いがします。


Rimg6665







ガク取り
花からガクを取り花びらだけを集めます。すべて手作業ですので時間がかかります。この作業は午後室内で行います。



Rimg6666









マリーゴールドの花びら
大変良い匂いが周りに漂います。



Rimg6685










日陰で乾燥させます。
講座までの間しっかり乾燥させます。






















 

posted by 癒しの園芸の会 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はないずみの庭より〜7月中旬から下旬の花壇と作業の様子(その1)

 今年は梅雨が7月18日に明け、その後厳しい暑さが続いています。はないずみの庭では、たくさんのヒマワリが背を伸ばし、花をつけ、ノウゼンカズラ、シコンノボタンもたくさんの花をつけているのが目立ちます。

 スタッフはハートピア堺のクラフト支援を終え、ホッと一息つく間もなく、梅雨明け後、猛烈な勢いで伸びた花壇・圃場の除草、水やり、花がら摘みに精を出しています。また、8月講座の草木染の準備として、マリーゴールドの乾燥した花の準備も進めています。暑い中手が抜けない作業ばかりです。早めの休憩、水分補給を心がけ、熱中症対策・体調管理に気を付けていきたく思います。(吉村隆 写真提供も)

Rimg6644










ヒマワリ(キク科)
今年はたくさんの花が咲きそうです。


Rimg6588









ヒメヒオウギスイセン(アヤメ科)
日当たりがよくなりたくさんの花をつけました。


Rimg6614









ノウゼンカズラ(ノウゼンカズラ科)
アーチ状にたくさんの派手な橙色の花をつけています。



Rimg6661









シコンノボタン(ノボタン科)
美しい濃紫紺色の花です。たくさんの蕾がついています。



Rimg6682








コエビソウ(キツネノマゴ科)
重なり合った苞がエビの尾のようです。苞の先端から覗いている白いのが花です。



Rimg6627










ルリタマアザミ(キク科)
切り花、ドライフラワーにも使います。



Rimg6595









ハツユキカズラ(キョウチクトウ科)
白とピンクがきれいです。




Rimg6643







デュランタタカラズカ(クマツヅラ科)
小さな紫色の花を房状に咲かせます。




Rimg6669









コキア(ヒユ科/アカザ科 両説あり)
もうこんなに大きくなってきました。




Rimg6668








ハゲイトウ(ヒユ科)
これから大きくなります。8月以降短日条件になると、紅、黄色が美しい葉になります。

posted by 癒しの園芸の会 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

ハートピア堺 クラフト支援

 梅雨明け2日後の7月20日(水)恒例のクラフト支援を行いました。今回のプログラムはドライフラワーのクラフトで、昨年秋に播種、育苗し、花壇、圃場で育てたカスミソウ、カイザイク、ニゲラ、アメジストセージ、千日紅、ラグラスなどをドライ加工したものを、牛乳パックを加工しデコレーションした花かご風の容器に入れたオアシスに挿して飾り付けていただくものです。利用者の方は25名でスタッフ6名で対応しました。

 トウガラシを手にして故郷の畑でいっぱいトウガラシを作っていたと熱心に目を輝かせて話してくださる方が印象に残りました。皆さん意外と手先が器用で、彩りよく作品を作っておられました。スタッフは、利用者の方のうれしい顔を見て、これまで暑い中準備してきた苦労も忘れ、この活動をやっていてよかったと思いました。

 最後にこのような機会を与えてくださったハートピア堺の皆様、当日サポートいただいた職員の方々ありがとうございました。(吉村 隆 写真提供も)

Rimg6636








作品を作りながら話が弾みます。



Rimg6635










職員の方にも入っていただきました。みなさん一生懸命です。



Rimg6640









このような作品ができました。







posted by 癒しの園芸の会 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする