2016年03月31日

「森とまちの四季彩園」開園イベント開催

 計画されながら、長い間整備されずにいた「はないずみの庭」北側の苗園が、整備工事もようやく終了し、3月24日(木)から「森とまちの四季彩園」として開園されました。3月27日(日)にその開園イベントが開催され、大泉緑地の10ボランティア団体のうち当会も含めて6団体がブースを出しました。当会から13名が参加しました。ミーティングルームでは各団体の活動内容の紹介を行い、当会も活動内容のパネルを展示しました。

 10時から、女性陣がテント下のブースで、ホウキグサを使ったクラフト作りを開始し、早々にお客さんで満席になり、大忙しです。10時30分から開園イベントが行われ、来賓あいさつの後、「はないずみの庭」の円形花壇にハナミズキの記念植樹が行われました。続いて、エントランスの両側と園内の半円形のレイズドベッドで、来園者にナノハナとパンジーを当会の指導で植え付けていただきました。吉村さんから植付けの説明を行い、残りの男性陣と遠藤さんの応援で、植付けの指導・手伝いを行いました。イベント前に雨が降ってきたのですが、イベント中は雨がやみ、11時15分に開園イベントは無事に終わりました。各団体の催しは12時まで続けられ、後片付けをして、終了しました。(和田敏明 写真提供も)

Dscn3692

<ブースはずっと満席でした

Dscn3690

次から次と大忙し

Dscn3693

ホウキグサ(アカザ科)を使ったクラフト作品

Dscn3704

エントランスでのナノハナ(アブラナ科)の植付け指導

Dscn3702

レイズドベッドでのパンジー(スミレ科)の植付け指導

Dscn3708

植樹された円形花壇のハナミズキミズキ科)
手前の木のベンチも新しくなりました。

posted by 癒しの園芸の会 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

はないずみの庭より~3月下旬の花壇と作業の様子(その2)

作業の様子
(吉村隆 写真提供も)

Rimg5754









圃場での資材置き場作り





Rimg5818









円形花壇の水やり





Rimg5821









ビオラの花がら摘み





Rimg5828









圃場での散水ホースの地下埋設と周囲の除草



Rimg5829









圃場での除草





Rimg5852







四季彩園オープニングイベントに向けてのクラフト準備












































posted by 癒しの園芸の会 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

はないずみの庭より~3月下旬の花壇と作業の様子(その1)

 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが、今年はお彼岸が過ぎても暖かくなりません。しかし3月も下旬になり、桜の開花宣言も出され、満開も近づき、やっと暖かくなりました。

 3月27日(日)四季彩園のオープニングイベントがあり、これまでより多くの人がはないずみの庭を訪れるようになりました。これからが1年で一番華やぐ時期です。スタッフの皆さんの努力が報われる日々です。

 スタッフの皆さんもしっかり五感を使って草花を楽しんで癒されてください。また、はないずみの庭を訪れる人にも花の素晴しさ、癒し効果を楽しんでもらってください。(吉村隆 写真提供も)

花壇の様子

Rimg5879









四季彩園エントランス前の円形花壇、ベンチも新調されました。



Rimg5890










アネモネ(キンポウゲ科)のアップ




Rimg5889










ハナニラ(ネギ科/ユリ科 両説あり)のアップ



Rimg5874










ボリジ(ムラサキ科)のアップ



Rimg5884_2









ワスレナグサ(ムラサキ科)のアップ
白い色もあります。




Rimg5835









ハナビシソウ(キンポウゲ科)アップ
こぼれ種より育ち、オレンジ色がよく目立ちます。



Rimg5892










スノーフレーク(ヒガンバナ科)



Rimg5886










マツバギク(ハマミズナ科)







 














posted by 癒しの園芸の会 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする