2015年12月28日

はないずみの庭より〜お正月の飾り付け

 最終活動日の12月26日(土)は晴天で、寒い中スタッフ12名が作業に参加しました。クリスマスファンタジーの飾り付けの撤去とお正月に向けての門松作り、飾り付けを行いました。すっかりお正月を迎える準備が整いました。

 なお、今年も和田さんが青竹、松を提供してくださり、門松作りをしてくださいました。お正月の飾り付けは、女性スタッフが遅くまで頑張って作ってくださいました。

 スタッフの皆様、この1年ありがとうございました!ご苦労様でした!(吉村 隆 写真提供も)

Rimg5456









クリスマスファンタジーの飾り付けを外しブースへ。使えるパーツは来年に備え保管します。


Rimg5458








円形花壇中央の門松の飾り付け
青竹、松、梅、ハボタン、ナンテンとにぎやかです。



Rimg5451









カイズカイブキ(ヒノキ科)が撤去され
すっかり雰囲気が変わったはないずみの庭。


Rimg5472









お正月の飾り付け
松の緑にナンテンの赤がお正月らしいです。


Rimg5460











癒しの園芸の会の掲示板にもお正月らしい飾りが付きました。











posted by 癒しの園芸の会 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はないずみの庭より〜12月下旬の花壇と作業の様子

 暖かい日と寒い日が交互にやってきて、体調を崩している人が多いようです。年末に入り、四季彩園周辺の工事が本格化し、圃場とはないずみの庭の境界にあったカイズカイブキも撤去されました。はないずみの庭は随分雰囲気が変わりました。

 この時期、花壇で見られる花と作業を紹介します。スタッフは寒い中でも元気に作業に取り組んでいます。(吉村 隆 写真提供も)

Rimg5442










スイセン(ヒガンバナ科)
大変良いにおいがします。

Rimg5435









ビオラ(スミレ科)
受講生の方が実習で植えてくださった
苗です。


Rimg5444_2










ハボタン(アブラナ科)
圃場で立派に育ったので花壇に移植しました。
山科さんからの寄贈苗です。


Rimg5438








ハボタンの寄せ植え
その1



Rimg5439









ハボタンの寄せ植え
その2



以下作業の様子

Rimg5427










花壇の清掃
その1



Rimg5429









花壇の清掃
その2



Rimg5433









花壇の縁の腐った木をブロックに交換
しました。



Rimg5432










こちらもブロックで花壇の縁を作り直しました。


Rimg5448







ナノハナ(アブラナ科)の花壇の除草と清掃



posted by 癒しの園芸の会 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

12月度「癒しの園芸講座」開催〜その2

 講習会室に戻ってきたのは正午を少し過ぎていました。急いで昼食をとっていただきながら、井田和子さんのミニ講座「冬至のならわし」をお聞きしました。この日にカボチャを食べると風邪をひかないと言われる所以、柚子湯に入る慣習、旧暦についての話もありました。カボチャを食べて、柚子湯に入るのは慣れ親しんできたならわしです。昔、世界の様々な地域で、冬至の日を一年の始まりの日と定めていたようですというお話もありました。

 山中尚子さんからは、先月のハートピア堺での訪問園芸のふりかえりをしていただきました。「皆さん最初は緊張されていたようでしたが、相手の方が来られると、比較的スムーズにお話しされていたように思います。認知症の方は特に取りかかるまでが難しいことが多いのですが、結果的に手を動かしていただくことができ、全体の雰囲気もとても良かったと思います。」と評価していただきました。皆さんの“にこにこ評価表”を読ませていただいても、「良い経験ができた」「お花を一緒に植えこんだら、距離感がなくなった」などの感想がありました。

 続いて、課題「プログラム作りの実践」の内容について山中さんから説明していただきました。受講生さんご自身にクラフトプログラムを1つ考案していただき、見本とその材料を用意してもらって、1月の講座日にペアを組んだ相手に作ってもらうというものです。見本作品は来年2月に大泉緑地・花とみどりの相談所で開催される「癒しの園芸展」で展示させていただきます。

 講演(2)は、お昼のミニ講座に続いて井田和子さんの「年中行事は人々を癒す楽しい行事」でした。日本の年中行事は、気候の変化と関わる農業暦を中心にした生活サイクルから作り上げてきたもので、皆の大きな癒しになっていたこと、正月は最大の行事であったこと、時代とともに消えてしまったものもあるが、クリスマスのように新たに定着したものもあるというお話でした。さらに、春の七草について、進藤正典さんから写真で紹介していただきました。

 最後は室内園芸実習、クリスマスのクラフトです。その前に、テーブルを移動して、ぽけっとさんのマドレーヌを頂いてティータイムにしました。

 実習では、岡部佳子さんがシェラコーン(ジェフリー松)で見本を作ってきてくださって、手順の説明をしてくださいました。大きな松ぼっくりをツリーに見立てて、飾り付けます。100円ショップで買えるビーズやモール、ボンボン、それに皆さんが以前の実習で作った千日紅のドライフラワーなどを使用します。モールで星やステッキを作ったり、皆さん夢中で作業されていました。これが来月の課題のプログラムづくりにいかせるとよいのですが・・・。楽しい作品をお待ちしています。(大川内美恵子 写真提供も)

                                                   

ミニ講座:井田和子さん 「冬至について」

訪問園芸ふりかえりと課題説明:山中尚子さん

講演(2):井田和子さん 「年中行事は人々を癒す楽しい行事」

進藤正典さんよりセリ、ナズナ、ゴギョウなどの写真紹介。

岡部佳子さん:室内園芸(クリスマスクラフト)

見本作品

モールでお星様がつくりたい!

夢中になりますね!

受講生さんの作品です。

受講生さんの作品です。

posted by 癒しの園芸の会 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする