2015年10月30日

はないずみの庭より~10月下旬の花壇と作業の様子

 秋晴れが随分長く続いています。その間に季節がどんどん移り変わって、花壇では秋の花がそろそろ終わりに近づいてきました。スタッフは、冬から春花壇への切り替えに忙しい時期です。(吉村隆 写真提供も)


Rimg5009








円形花壇です。
何かさみしいですね。オリーブ(モクセイ科)の木、今はもう見られません。



Rimg5026_3









アメジストセージ(シソ科)とマリーゴールド(キク科)が目立ちます。



Rimg5024








ツワブキ(キク科)
花壇の隅でひっそり咲いています。




Rimg5028








ピンクのオキザリス(カタバミ科)とヒメツルソバ(タデ科)が仲良く咲いています。



Rimg5018








チェリーセージ(シソ科)
これもペアで仲良く咲いています。




Rimg5015









円形花壇で白い花を咲かせているアリッサム(アブラナ科)




Rimg5023








カンナ(カンナ科)花期の長い花です。まだ元気に咲いています。




Rimg5008











花がら摘み
花に囲まれて至福のひととき




Rimg5021








少し前にポットあげした苗におき肥して成長を促します。





Rimg4984









会員寄贈のナノハナ(アブラナ科)の苗を植えています。




Rimg4985








マリーゴールド(キク科)の花がら摘み



Rimg4994










会員寄贈のハボタン(アブラナ科)の苗を植え付け、バッタ等の食害に遭わないようにネットで覆いました。




































































posted by 癒しの園芸の会 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

はないずみの庭より~オリーブの木が枯れました!

 円形花壇にあった、シンボルツリーのオリーブの木が枯れました。だいぶ前から先端の葉が枯れてきていました。このまま放置しておいてもダメなので、10月21日切って、10月24日に根も掘り上げました。

 木を切ってからわかったことですが、根元にたくさんの6mm位の丸い穴が開いています。よく根元を観察していると、オリーブアナアキゾウムシの成虫を見つけました。さらに、掘り起こした切り株を調べると、たくさんの幼虫が木の樹皮を食い荒らしていました。これでは水分、養分が木の上部に行かず、枯れてしまうはずです。だいぶ以前からオリーブアナアキゾウムシが入っていたようです。気づくのが遅くて残念です。オリーブの木!これまで楽しませてくれてありがとう!

 なお、新しいシンボルツリーを考えています。この木がいいよ!という木があれば連絡ください。(吉村隆 写真提供も)

 

Rimg4842










9月26日 木の中央先端の葉が枯れています。


Rimg4965










根元に丸い穴が開いています。



Rimg4979








見つけたオリーブアナアキゾウムシ
体長15mm幅6mmくらい




Rimg4989









木の切り株とオリーブアナアキゾウムシの幼虫



Rimg4992









樹皮を食い荒らしているオリーブアナアキゾウムシの幼虫













posted by 癒しの園芸の会 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

10月度「癒しの園芸講座」開催~その2

 午後から圃場に移動し、実習を行いました。今日の受講生は17名、対応したスタッフは16名でした。(大川内美恵子 写真提供も)              

1)サツマイモ堀り:全員
5月に植え、生育管理してきたサツマイモを堀り上げました。大きなサツマイモがたくさん収穫できて、皆さん笑顔で楽しまれていました。先月の講演で「収穫することで精神的な満足感を味わうことが身近な健康法です。」と岡本代表が話されたことを思い出しました。

2)球根の植えつけ:2班に分かれて実施
今回は代表的なチューリップ、アネモネ、ラナンキュラスなどを植えつけました。秋植え球根を植える時期、植え方、育てる時の基本的なポイントなどを岡部佳子さんが説明してくださいました。チューリップは球根を植える深さ、向きがあること、アネモネは球根の向きを間違えないこと、尖ったほうが判断できないときは、横向きに植えるといったアドバイスのほか、アネモネやラナンキュラスの植えつけには、あらかじめ水で湿らせたバーミキュライトで発芽を促す催芽処理が必要との説明もありました。植えつけ場所に皆でデザインを考え、相談しながら植えました。

3)ポット上げ:2班に分かれて実施
先月播種した植物のポット上げをしました。

Dscn2033_4















いよいよサツマイモを掘り上げます。皆さんやる気満々!

Dscn2036_3















思いのほか大きいのにびっくり!

Dscn2038_3















大収穫!

Dscn2045_2















岡部佳子さんから秋植え球根の説明や植えつけのアドバイス。

Dscn2040















催芽処理したアネモネの球根

Dscn2077_2















デザインを考えて。

Dscn2049_2















来年の春は美しい花で彩られることでしょう。

Dscn2067_2















ポット上げ。

Dscn2072















すくい上げて。

Dscn2059















穴もあけておきます。

Dscn2065













あとは優しく整えます。

Dscn2070















ラべルを立てます。

Dscn2062_4















ビオラ、ルピナス、ムラサキハナナ、キンギョソウなどがたくさん発芽して、生育も良好です。

 

posted by 癒しの園芸の会 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする