2017年10月22日

10月度「癒しの園芸講座」開催

 10月21日、こんな時期に来なくてもいい大型台風が接近し、先月に続いて午後からの園芸実習は中止になりました。そして急きょクラフトの実習に変更することになり、朝からスタッフは準備に追われました。

 最初の講演は、堺市難病支援センター・鎌田美恵子さんの「難病患者への理解」でした。“難しい”と書きますが、まず豆知識として、実際どんな病気なのかを鎌田さんからクイズ方式で教えていただきました。「膠原病は病名なのか?」「難病の数は?」「支援センターは各都道府県にあるのか?」などが問題でした。始まりは昭和30年後半のスモンが社会問題となったことから対策が提起され、60年の歴史を経てようやく国が支援する法律ができたそうです。難病対策事業として、平成26年の改革により対象疾患が拡大し、「指定難病」と診断されて申請すると、医療費の助成や福祉サービスを受けることができるそうです。堺市の難病支援センターでは、患者さんがよりよい生活が送れるよう、相談支援、情報提供、患者さん同士の交流を図るためのイベント開催、再就職のサポートなど、いろいろな角度から支援しているというお話をしていただきました。


DSCN4373.JPG
鎌田美恵子さん


DSCN4375.JPG

 次の講演は「社会福祉施設での園芸活動の取り組み」で、野崎浩司さんより藤井寺市にある救護施設「賀光寮」(元内部障害者更生施設)の紹介と、障がい者自立支援法による社会福祉の現状を話していただきました。この自立支援法改正に伴い社会福祉施設がどのように変わったのか、またその中で「内部障がい者」とはどのような方なのかをわかりやすく説明いただき、ご自身の勤務経験も踏まえて、内部障がい者との園芸活動をスライドを交えながらお話しいただきました。

DSCN4384.JPG
野崎浩司さん

DSCN4392.JPG
お昼休みはクラフトに使う材料の話で盛り上がりました。

DSCN4393.JPG
タイサンボクなどの工作材料。

DSCN4399.JPG
じゃんけん大会も大盛り上がり!岡本代表がリードをとってくださいました。


DSCN4406.JPG
誰が勝ち残る? 

 寺内裕子さんの講演「ボランティアと健康寿命~外への関心」は、誰でも心の支えがあると元気になれると言うお話でした。

DSCN4416.JPG

 台風接近のため、球根の植え付け実習は中止となりましたが、吉村隆さんがスライドでチューリップ、アネモネ、ラナンキュラスの植え付け方や前処理、芽だしの方法を説明してくださいました。

DSCN4409.JPG

 クラフト実習では、クラフトをする時の基本的な注意事項や木の実の保存方法などを大川内より説明した後、大きな松ぼっくりに飾り付けをしていただきました。

DSCN4418.JPG
1班

DSCN4417.JPG
2班

DSCN4420.JPG
3班

DSCN4452.JPG
すてきな作品。


DSCN4424.JPG
男性のロマンテックな作品。

(大川内美恵子 写真提供も)




posted by 癒しの園芸の会 at 17:21| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

9月度「癒しのの園芸講座」開催

 9月16日は大型台風18号の接近に伴い、朝から雨が降り出しました。風も強まってきたため、午後から予定していた実習は取りやめとの連絡が圃場のスタッフから入り、今回はゆっくりと座学の一日となりました。

 講演の前に、岡本代表が葛の葉のしおり作りを皆さんに楽しんでいただこうと葛の葉の押し花やラミネーターなどの材料や道具をお持ちくださいました。フィルムの間に葛の葉を挟んでラミネーターに入れるだけですが、「葛の葉にはいろいろな形があります。ぐー・ちょき・ぱーの形を探してくださいね!あとでじゃんけん大会をします!」という指示で、持ち寄った葉を探してそれぞれに作り始めました。

葛の葉のしおり
DSCN3657.JPG

岡本代表の説明 「じゃんけん大会しますよ!」
DSCN3658.JPG

1班はみんなで持ち寄って。
DSCN3660.JPG

2班は余裕で。「もうできたわ。」
DSCN3665.JPG

3班も仲良く。
DSCN3664.JPG

 園芸ミニ講座は山中尚子さんで、今回はまとめて3つのテーマの解説です。

「鉢の種類」いろいろな鉢の紹介。
   おしゃれなテラコッタや栽培用の駄温鉢など、鉢の種類や選び方について。

「植物の名前、自生地環境と植物の特性」
   植物の名前、分類方法、自生地環境とその特性についてお話しいただきました。その植物のプロフィールを知ることが栽培上手の第一歩になります。

「肥料について」
   肥料の成分と役割や種類・施肥方法についてわかりやすくお話しいただきました。

DSCN3667.JPG


お昼休み:皆さんで!

DSCN3671.JPG

展示中の「秋の七草展」を見学

DSCN3673.JPG


 今回も寺内裕子さんが来られ、「ボランティアと健康寿命~心の安定」というテーマでお話してくださいました。社会的な責任がなくなってくると、「食べる」「寝る」「排泄する」といった日常のサイクルが崩れてくるケースがあり、その人の「生きがい」につながる、社会的参加と言える軽い義務感があった方が良いとのことでした。また、心にストレスを抱えずに過ごすには、人生の1/3は「運」、1/3は「親からもらった要素(遺伝など)」、1/3は「バランスのよい暮らし方」と捉え、楽しく生活するようにと教えていただきました。


DSCN3682.JPG

 この後も講演が続きました。

講演:「花とボランティア」―ボランティアの心得(山中尚子)
ボランティアの定義、意味、活動の原則や、魅力、更にボランティア活動継続に必要と思われる事項を簡潔にまとめていただきました。

講演:「秋の七草」(井田和子)
秋の七草並びにこの時期の代表的な花をスライドで紹介。秋の七草の由来や色々な行事、秋の七草の花に関する説明をいただきました。途中、花と緑の相談所で展示されている「秋の七草展」を見に行き、寺田孝重さんからも説明を受けました。「春の七草」は七草粥として食べるので、その種類も覚えている人が多いが、「秋の七草は」観賞用、薬用植物。「ススキ」はすくすくとお米が育つようにという意味でお月見のお供えになったというお話や、「オミナエシ」「萩」「ナデシコ」「葛」「キキョウ」「フジバカマ」についてもそれぞれの由来や文化にも触れて楽しくお話しいただきました。講習室に戻って、今度は皆で「私たちの秋の七草」を選ぶこととなり、選考の結果、今年度はコスモス、ススキ、ヒガンバナ、野菊、ムラサキシキブ、キキョウ、ナデシコが選ばれました。(大川内美恵子 写真提供も)


DSCN3684.JPG


DSCN3690.JPG


DSCN3677.JPG









posted by 癒しの園芸の会 at 16:25| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

8月度「癒しの園芸講座」開催

 8月も最終の土曜日ですが、今年は嫌になるくらいの暑さが続いています。今回はマリーゴールドを使った草木染めの実習をするため、受講生さんには朝一番に圃場で花びらを摘み取る作業をしていただきました。暑さの中、汗をかきながら皆さん元気に講座室に帰ってこられました。

 今月の大きなテーマは「人と植物とのかかわり」です。講演は井田和子さんの「救荒雑草について~飢えを救った雑草たち~」でした。救荒雑草という言葉を初めて聞いた方も多かったようです。先にスライドで、世界的に“飢え”を救う作物として重要な役割を果たしてきたジャガイモとサツマイモの説明がありました。平常はその恩恵を忘れがちな存在ですが、人類にとって貴重な作物であり、それがなぜ救荒植物になりえたかということを、今や日本では死語になりつつある“飢え”についての歴史もふまえながら説明いただきました。他の穀類との比較では、

 (1)太陽エネルギーの効率が高い。
 (2)雨が少なくても育ちやすい。
 (3)少ない肥料で栽培できる。

など、優れている点を挙げられました。サツマイモは昭和の初め生まれの方にとっては懐かしい食べ物ですが、親の代や90代以上の方たちは苦しい時代の象徴的な食べ物として見るのも嫌だという人もいることなどをサザエさん一家のマンガを例にしてお話をしてくださいました。

 さらに、農耕地では人類の活動に何らかの害を及ぼす雑草の中にも救荒植物といわれる植物があり、干ばつや水害のために凶作になった年に、飢えを凌ぐのに役立った雑草があるということ、これらも救荒植物であり、救荒作物とは凶作時にも生育、収穫しうる作物で、ヒエ、ソバ、サツマイモ、バレイショなどを言うそうです。

 ミニ講座ですが、寺内裕子さんの「ボランティア活動と健康寿命~私の場合」もますます楽しくなってきています。今回のテーマは「食を考える」で、食べ物の中でこれを食べれば良いというものはないそうです。バランスよく食べて、軽く体を動かす体操が良く、体を動かす園芸もよい運動になりますよと話されました。


講演:「救荒雑草について」井田和子さん
DSCN3613 (1).JPG


~飢えを救った救荒作物~
DSCN3616 (1).JPG


ミニ講座:健康寿命「食を考える」寺内裕子さん
DSCN3618 (1).JPG

「筋力と骨が大事!」軽い運動をしましょう。
DSCN3619 (1).JPG


 午後からは、4月に播種し、その後ポット上げを行い、はないずみの庭に定植したマリーゴールドを使った草木染体験です。この講座の大きな特徴でもある、種まきから始まり、最終的な収穫の喜びと利用まで、植物とのふれあいをすべての段階で体験していただくのが目的です。まず15分間布を水につけて付着した糊を取り除きますので、その間に大川内から「植物から色をもらう」ということで、草木染の基本、手順、媒染の説明をいたしました。
 次に、圃場にあるミーティングルームへ移動しました。染液はスタッフの方であらかじめ花びらだけを1時間半ほど煮出して作っておいていただきました。そこに15分間漬け込んで煮沸し、菜箸を動かしてムラができないようにして染めていきます。色どめは、ミョウバン(黄色)、木酢鉄(茶色)で行います。どちらの色にするのかは、事前に作品見本を見て決めていただきました。最後はどちらも水で洗って、乾かしました。
 暑い中、大変な作業で疲れましたが、素敵な色に仕上がりました。皆さんできあがったスカーフに満足されたご様子でさっそく首に巻かれていました。
 本日の受講生は13名、対応したスタッフは10名でした。(大川内美恵子 写真提供も)


草木染(マリーゴルド)の体験
まず摘み取り作業
DSCN3606 (1).JPG

布の糊を外します
DSCN3620 (1).JPG

煮詰めた染液
DSCN3622 (1).JPG


一度漉します
DSCN3626 (1).JPG

しっかり絞り出します
DSCN3629 (1).JPG


いよいよ投入
DSCN3630 (1).JPG


ゆっくりかき回します
DSCN3632 (1).JPG


媒染:ミョウバンは黄色に。木酢酸鉄はカーキに。
DSCN3633 (1).JPG


緊張しますね!
DSCN3638 (1).JPG


いよいよ最終段階!きれいに発色
DSCN3641 (1).JPG



待っている間も和やかに
DSCN3644 (1).JPG



洗います
DSCN3646 (1).JPG

できたわ!
DSCN3647 (1).JPG

干します
DSCN3651 (1).JPG

さっそく首に巻いてポーズ!
DSCN3655 (1).JPG
posted by 癒しの園芸の会 at 12:23| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする