2017年05月21日

5月度「癒しの園芸講座」開催

 第2回講座は一気に30度を超すような夏日になりました。「暑い!暑い!」と、汗をかきながら講習会室に入って来られました。先月はまだ緊張気味にされていた方も笑顔で会話されていて、少し打ち解けてきたような雰囲気が感じられます。

 スタッフの岡部さんが用意してくださったミニトマトの苗が皆さん気になるご様子でしたので、山中尚子さんが先に課題提出「ミニトマトのコンテナ栽培」のお話を始めてくださいました。ミニトマトの苗をご自宅で栽培していただき、その生育レポートを8月に提出していただく予定です。今回は実生苗の‘ペペ’と、‘リコピーナ・ブラック’という品種です。受講生さんの中には初めてミニトマトを育てられるという方もおられるようでしたので、先に苗を配布し、お手元でご覧いただきながら、育成方法、作業手順、注意点を説明されました。特に、脇芽かきや、摘心、追肥のタイミングなども細かく指導されていました。それでもまだ不安そうな方もいらっしゃいましたが、「たくさん実を成らせるのが主目的ではなく、2ヶ月間トマトと向き合っていただいて、まずは収穫する喜びを味わってください。また、慣れていらっしゃる方は周りの人も巻き込んで一緒になって育てるのもよいでしょう。」と話されました。
 園芸ミニ講座(2)は「土の基本」で、良い土とは/土の構造/主な用土の種類と特徴を説明していただきました。

 寺内裕子さんが「障がい者のためのガーデニング」のレジュメを持ってきてくださいました。先月の自己紹介でお話しされていた班の受講生さんが園芸療法にご興味があるということでお持ちくださったようです。他にも興味のある方は申し出てくださいとおっしゃられました。

 11時に「はないずみの庭」へ移動し、園芸実習を行いました。

(1)ポット上げ
4月の実習で播種したマリーゴールドは順調に育っていました。スタッフが準備していた培養土(赤玉土中粒3:腐葉土1:ピートモス1)入りのポットに一株ずつ丁寧にポット上げをしていただきました。この後、6月に花壇に植え付け、8月に草木染に使用します。

(2)押し花づくり
「はないずみの庭」で皆さんにパンジー、ヤグルマギク、ワスレナグサ、カリフォルニアポピー、ニゲラなどの花や葉を自由に摘んでいただき、それを段ボール、新聞紙、キッチンペーパーで挟んでゴムバンドでとめる“押し花キット”を使って押し花を作っていただきました。6月講座のクラフト作品作りで使用します。

 午後からは津田桂子さんの「コミュニケーションとしてのみどりの可能性」と「みんなにやさしい花壇作りと道具の工夫」の2講演を続けてしていただきました。ご自身が大学時代に引きこもりをされた体験から、立ち直るきっかけとなった植物の力、癒し効果などをお話しいただきました。園芸を通して少しずつ回復、社会復帰していったというお話に皆さん静かに聞き入っておられました。

 二十数年前、引きこもり続けていたある時、ずっと閉め切っていた自室のカーテンの隙間から何気なく外を覗いてみると、庭に生えていたヤマノイモが目にとまり、そのムカゴをなぜか急に「食べたい」と思ったこと、発芽していたアケビの幼芽を「このままじゃ死んじゃう、助けなきゃ!」と思ったことが外に踏み出す一歩となり、植物が自分を助けてくれたこと、苦しんだ自分と同じように助けてあげられるのなら、私も生きる意味があるかもしれないと園芸療法を勉強しようと思って立ち直ったこと、樹木医になったのも、病気や弱った木を助けられるかもしれないと考えたからだと話され、「私たちは園芸を通して、植物とふれあうことで特別な言葉を超えたコミュニケーションをしているのですよ。」と締めくくられました。

 少し休憩の後、続いてアメリカ、イギリスなどの海外の写真を見ながら、障がい者や高齢者が作業しやすい花壇環境、いろいろな人に配慮した自助具、レイズドベッドなどのお話をしていただきました。園芸大国といわれるイギリスでは60%の人が園芸を趣味にされているのに比べ、日本は20%にすぎないが、植物をそばに置き、少しでもよいので自然と触れ合い、自然から学ぶこと、自然から教えてもらうことが大事なことだと話されました。そして「植物で何ができるかを考えること、植物を介して出会う人に心を注ぐことで、きっと何かお返しが来るでしょう。自分にとっての癒しになることがご褒美なのですよ。」と話してくださいました。

 本日の受講生13名、スタッフ13名で対応しました。(大川内美恵子 写真提供も)


DSCN3118.JPG
ミニトマトのコンテナ栽培/園芸ミニ講座「土の基本」

DSCN3119.JPG
苗を持ち帰り、育てていただきます。

DSCN3122.JPG
目の前にトマトを置いて脇芽かきの説明。

DSCN3123.JPG
寺内裕子さん

DSCN3128.JPG
園芸実習:ポット上げ
4月に播いたマリーゴールドがこんなに育ちました。

DSCN3132.JPG
もう花芽が付いているのもあります。

DSCN3131.JPG
きちんと用意された道具類。

DSCN3133.JPG
スタッフから手順を説明されます。

DSCN3135.JPG
やってみます!

DSCN3136.JPG
次はそっと苗を引き抜いて、ポットに移します。

DSCN3137.JPG
次々やってくださいね。

DSCN3145.JPG
きれいにできあがりました!

DSCN3146.JPG
水やりも忘れずに、しっかり。

DSCN3148.JPG
春爛漫!咲き誇る「はないずみの庭」で花摘み。

DSCN3151.JPG
「どれにしようかしら?」

DSCN3143.JPG
押し花の見本です。

DSCN3142.JPG
「この花が材料になるの?」

DSCN3153.JPG
「楽しくなってきたね!」

DSCN3154.JPG
岡本代表のインフォメーション。

RSCN3159.JPG
講演「コミュニケーションとしてのみどりの可能性」:津田桂子さん


DSCN3162.JPG
講演「みんなにやさしい花壇作りと道具の工夫」
いろいろな方に配慮したレイズドベッドなどをスライドで紹介。



posted by 癒しの園芸の会 at 15:40| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

4月度「癒しの園芸講座」開催

4月15日(土)平成29年新年度の園芸講座を開催いたしました。花冷えの日が続き、時折この日も通り雨が桜の花を落としていましたが、14名の受講生さんをお迎えしてスタートしました。

 開講式は、主催者である大泉緑地管理事務所・秋葉所長から「公園のもつ役割として求められるものも多い。花を通じてすべての人たちがつながることを目的として取り組んでいるこの講座で、講演や実習を楽しんで学んでもらいたい。またそれを地域などで生かしていただきたい。」と挨拶されました。続いて当会・岡本代表からも挨拶いただきました。オリエンテーションは大川内から受講にあたっての注意事項等を説明をいたしました。少し緊張気味だった新受講生さん達でしたが、班ごとに分かれて名札を作っていただき、それぞれに自己紹介、趣味やお好きな花などのお話が進んでいただく内に、和気あいあいと良い雰囲気になっていきました。

 園芸ミニ講座は、山中尚子さんから植物の生育に必要な基本的なお話で、光、温度、水に関する解説と、簡単なようで実は難しい水やりのコツなどのお話しでした。大事なことは「必要な時に必要な量をやることです」と、わかりやすくお話しいただきました。

 飛び入りで、当会創立者のお一人でもある寺内裕子さんが会報の休刊に伴う「癒しの会への想い」でお話をしたいとで京都から来られました。ボランティアでつないできたこの会に寄せる思いや、まだ園芸療法や園芸福祉という言葉が一般的でなかった当時のお話や、創立時の思い出話などをお話しくださいました。

 お昼休みの後にスタッの紹介をしてから午後の講演をはじめました。「人と植物のきずな」という演題で、寺田孝重さんにお話ししていただきました。植物がどのような役割を果たしているか、また、花の記憶も癒しに大きな効果があるということでした。「思い出の花」とは、日本人の記憶の原点となる植物が誰にでもあること、人の思い出のどこかにあるということですが、それはご自身が父親を介護された時の反応がベースになっているというお話で、ダリア、ジニア、ホウセンカ、ハナタデ、シオンなど、ご自宅のお庭の花をスライドで紹介していただきました。ただ、品種改良により以前の姿とは少し違ってきていて、それがお父様の持っている花の記憶と違っていたために、ストレスの一端にもなっていたそうです。私たちが植物を選ぶときに、こういったことを考慮していくと、対象者に効果的に提供できるということでした。

 心配していた雨も通り雨だったようで、実習場へ揃って移動しました。今回の実習は種まきと「はないずみの庭」の花壇案内で、2グループに分かれて実施いたしました。
 スタッフ紹介の後、今辻恭子さんが種まきの説明をされました。そして、プラグトレーにマリーゴールドや千日紅などの種をまき、覆土と霧吹きによる灌水もしていただきました。ほかのスタッフからも「まずは種子袋の切り方からです」と、細かく指導していただきました。
 花壇案内の方は、吉村隆さんが管理方法や育てた草花を使った草木染のスカーフやクラフト作品も紹介しながら説明してくださいました。

 サポートスタッフ18名で初回の講座を終了しました。(大川内美恵子 写真提供も)


DSCN3077.JPG
開講式:管理事務所・秋葉所長より「楽しんで学んでください」というお言葉を頂戴しました。

DSCN3081.JPG
岡本代表:「1年間ご一緒に勉強しましょう。」

DSCN3086.JPG
オリエンテーション:大川内

DSCN3089 (1).JPG
自己紹介:1班

DSCN3088 (1).JPG
自己紹介:2班 欠席者が多かったため寺内さんも交えて

DSCN3087.JPG
自己紹介:3班 

DSCN3091.JPG
園芸ミニ講座:山中尚子さん

DSCN3094.JPG
癒しの園芸の会に想う:寺内裕子さん

DSCN3096.JPG
講座スタッフ紹介

DSCN3101.JPG
講演:「人と植物のきずな~その1」寺田孝重さん 思い出の花とは

DSCN3102 (1).JPG
ご自宅のお庭の花を紹介ーダリア、ジニア、ハナタデなど

DSCN3103 (1).JPG
圃場スタッフ紹介

DSCN3106.JPG
マリーゴールドの種まき:まずは袋の切り方から

image.jpg
ラベルに日付と植物名を記入

image.jpg
細かい作業ですね

image.jpg
薄く覆土をします

image.jpg
スプレーで水やりもしました

image.jpg
きれいですね

DSCN3113 (1).JPG
「はないずみの庭」の案内

posted by 癒しの園芸の会 at 11:57| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

3月度「癒しの園芸講座」開催

 3月18日、今年度最終となる「癒しの園芸講座」を開催しました。

 講演は山中尚子さんの「アロマセラピーについて」でした。植物が持つ力の1つ、香りによる癒しということで、概要、歴史、香りのメカニズム、効果について教えていただきました。精油の抽出方法や植物が芳香成分を持つ理由、200種類以上あると言われる精油の特徴、また精油にはそれぞれ使用期限があることや購入時に注意したい点などのお話がありました。実習ではアロマスプレーを作りました。ゼラニウム、ラベンダー、ティートゥリー、ユーカリ、レモンなどの精油と基材の量を調整して、エアフレッシュナー、抗菌スプレー、虫除けスプレー、掃除用スプレーなど、さまざまな用途で活用できるという説明があり、各自で好みの精油をブレンドしてオリジナルの香りを楽しみました。講習会室はしばらくアロマの香りで満たされていました。

 午後から終了記念品として岡部佳子さんの指導で「多肉植物の寄せ植え」を作っていただきました。流行りのブリキ鉢は100円ショップで探してくださったもので、かわいいデザインのものです。ユニークな形の‘虹の玉’などの多肉植物の説明があり、コルクに針金で眼鏡と手足を取り付けたり、おひげをつけたりすると、ますますキュートになりました。良い思い出の品になるでしょう。
 修了式は、大泉管理事務所の秋葉純一所長より修了証がお一人お一人に授与されました。「一年間で学んだ講義や実習を振り返り、出会った人とのこの縁を生かしていってほしい。また四季折々の大泉緑地を見に来てください。」と、はなむけの言葉を頂きました。岡本代表からも「これからもこの講座で学んだことを生かして、地域やいろいろなところで役立てていただけたら嬉しい」と、はなむけの言葉を頂きました。

茶話会に移り、最後に皆さんから一言ずつスピーチをしていただきました。

・楽しく1年間を過ごして癒された。
・これからボランティアとして活動したい。
・この講座を選んで満足している。
・種まきや植えつけなどいろいろ経験させてもらった。
・近くに住んでいるが、障がいのある人のためにもデザインされているという、この公園のコンセプトを初めて知った。講座でも学んで感心した。
・植物の育て方がわかった。役立てていきたい。
・講座の内容として、もう少し時間的にもゆとりが欲しかった。

などなど、皆さんからいろいろなご意見も頂きました。私たちスタッフからも一言ずつ、力不足で至らなかったところ、行き届かない点をお詫びして、お別れの言葉で締めくくりました。1年間ありがとうございました。(大川内美恵子 写真提供も)

DSCN3021.JPG
講演:「植物の癒し効果 アロマセラピー」山中尚子さん

DSCN3042.JPG
実習:アロマスプレー作り

DSCN3036.JPG
実習:ユーカリやティーツリーなどの精油をブレンドします

DSCN3052.JPG
修了記念品作り 岡部佳子さん

DSCN3056.JPG
最後の作品作りも楽しかったようです。

DSCN3062.JPG
修了式:大泉緑地管理事務所・秋葉所長より修了証授与。

DSCN3066.JPG
岡本代表からもはなむけの言葉

DSCN3070.JPG
茶話会:皆さんから一言ずつスピーチ
posted by 癒しの園芸の会 at 07:55| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする