2017年07月16日

7月度「癒しの園芸講座」開催~その2

 実習:視覚障がい者への対人援助「寄せ植え」体験
午後からは、二人一組のペアになり、片方が視覚障がい、他方がこれを支援する立場で寄せ植えをするという設定の実習でした。岡部佳子さん、井田和子さんのコンビによるデモンストレーションを見ていただきながら、これに大川内の補足説明を加えて、実際に支援実習を交代で行ってもらいました。プログラムの目的は、五感の刺激や達成感を持っていただくこと、苗の選び方、クロックポジションの活用、席を離れるときは必ず声をかけるなどの注意点を重点的に話しました。最後に今日の感想を各班長さんからお話しいただきました。

1班:はじめて障がい者の立場になって寄せ植えをしたが、不安だった。
2班:こんな寄せ植えをして面白いのかなぁと思ったが、土を触ると気持ちよかった。良い体験をしたと思った。
3班:サポートするときの言葉が難しかった。どのようにすれば楽しくやれるかを考えた。

                          大川内美恵子(写真提供も)


DSCN3425.JPG
岡部・井田ペアによるデモ

DSCN3438.JPG
まずはご挨拶。

DSCN3432.JPG
少し緊張気味?

DSCN3427.JPG
苗の手触りを確かめて。

DSCN3431.JPG
鉢の中に目印の線が入ってますよ!

DSCN3433.JPG
この線まで土をいれるのかな?

DSCN3434.JPG
これはセンニチコウですよ。先の方に赤い実が付いてます。説明は丁寧に。

DSCN3439.JPG
鉢、苗などはクロックポジションを意識して並べておきます。

DSCN3443.JPG
今日の感想を班を代表して話していただきました。
「デモを見て、イメージできた」

posted by 癒しの園芸の会 at 22:01| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

7月度「癒しの園芸講座」開催~その1

 7月に入って、九州北部を襲った記録的な豪雨は大変な被害が出ました。心からお見舞い申し上げます。
 今年はいつもより暑さも厳しく感じられます。
 講演「花育と子供たちの癒しの園芸」では、大川内が「はじめませんか、花育」というテーマについて、この活動を推進するために花育アドバイザーという制度があることをお話ししました。
 河村圭子さんからは、大阪市立九条幼稚園等での子どもたちとの園芸の取り組みについて事例報告をしていただきました。お茶摘みをして、ほうじ茶や麦茶を作り、保護者の方に押し花で作ったコースターでそのお茶をふるまうという素敵な取り組みを紹介してくださいました。また、親子で野菜を植え、収穫、調理して「こんな料理をして食べたよ」と先生に報告するという取り組みでは、野菜作りが親子のふれあいの場になっているそうです。季節をいつも感じられるような行事を組まれてる様子を紹介いただきました。単なる園芸だけにとどまらず、お茶作り、染物、お米作りなど、子供たちに体験を通して花と緑と実りがいっぱいの環境を作ることを大切にしているというお話でした。


DSCN3390.JPG
講演:「花育と子供たちの癒しの園芸」幼稚園での事例紹介
  河村圭子さんの楽しいお話

DSCN3398.JPG
お米作り

DSCN3399.JPG
絵も描いて、ますます楽しくなります!

DSCN3401.JPG
田植えもします。

DSCN3402.JPG
虫の仕事も学びます。

 柴田園子さんは近つ飛鳥小学校における“花ボランティア”の活動を紹介してくださいました。エノキに産み付けられたゴマダラチョウの幼虫からスタートした「蝶の来る庭ーバタフライガーデン」の様子をスライドで見せていただきました。チョウの好きな花はビオラやブッドレアなどで、特にランタナにはシマグロヒョウモン、三尺バーベナ、クサギなどはカラスアゲハが喜んで食べに来るそうです。ビロードモウズイカ、カラスビジャク、ルドベキアなども咲いているようです。続いて花ボランティアの成り立ちや、現在の活動状況などもお話しいただきました。美しいイングリッシュガーデンよりも虫たちに嬉しい庭!生き物が息づく庭!を目指して頑張っておられます。

DSCN3406.JPG
近つ飛鳥小学校での事例紹介 柴田園子さん
“花ボランティア”の紹介。

DSCN3408.JPG
虫たちにも嬉しい庭!

DSCN3412.JPG
ブッドレアやビオラはチョウの大好きな花だそうです。

昼食後、寺内裕子さんがミニ講演「ボランティア活動と健康寿命(1)生きがいについて」をお話ししてくださいました。何か社会貢献をして人のために役立つことも自分の癒しになるというお話に受講生さんもうなずかれていました。

DSCN3419.JPG













 
posted by 癒しの園芸の会 at 21:17| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

6月度「癒しの園芸講座」開催~その2

 午後は実習です。押し花の作品づくりは5月に作った押し花を使いました。指導は岡部佳子さんで、ハガキサイズの台紙に押し花で絵を描くようにデザインしていきます。きれいに押し花に仕上がったニゲラ、ヤグルマギク、ビオラ、ヘデラなどで創作意欲がわいたのか、皆さん童心に帰って楽しそうに作品を作っておられました。今回は名札も押し花で飾っていただきました。一挙にカラフルになった名札に皆さんも嬉しそうにされていました。

DSCN3354.JPG
岡部さんの見本です。

DSCN3357.JPG
「こんなになったわ!」

DSCN3358.JPG
「どんなデザインにしようかしら?」

DSCN3359.JPG
「考え中ー」

DSCN3360.JPG
集中されていますね!

 最後は花苗の植え付けです。4月に播種し、5月にポット上げした花苗の定植です。マリーゴールドはベテランスタッフが管理したおかげで、しっかりと育ち、花をつけていました。実習では、3グループに分かれて、スタッフから苗の配置やカラー配色などをアドバイスしてもらい、皆で株間の取り方、高低差、配色などの相談をして仮置きをしてから植えつけ作業を開始しました。植え付け後は、灌水と後片付けまでしていただきました。マリーゴールドは8月に草木染めに使う予定です。

 今日は講座生13名、スタッフ11人でした。(大川内美恵子 写真提供も)

DSCN3367.JPG
スタッフの説明

DSCN3370.JPG
ポットを仮置きします。

DSCN3371.JPG
こんな間隔かしら?

DSCN3372.JPG
植えつけていきます。

DSCN3374.JPG

DSCN3373.JPG

DSCN3386.JPG
水やりもしっかりしました。

DSCN3381.JPG
夏花壇になりました。きれいに咲いてね!
posted by 癒しの園芸の会 at 13:03| Comment(0) | 会の活動記録 | 更新情報をチェックする